家の外壁塗装の塗り替え時期

こんな症状を発見したら「塗り替えサイン」
家の外壁に次のような症状を発見したら、外壁塗装の塗り替え時期のサインです。

 

対応が急がれるサイン

壁面のひび割れ

モルタル壁のひび割れには2種類あります。髪の毛くらいの細いひび割れ(ヘアクラック)と、太いひび割れ(構造クラック)です。

ヘアクラックは表層部に留まっているため、まだ心配ないのですが、構造クラックは深部にまで亀裂が起きているので、雨水が壁内部に染み込み、構造躯体を腐らせます。シロアリ被害の原因にもなります。

目視で発見できるひび割れは、チョーキングより深刻な状況で、外壁リフォームが必要なサインです。

 

シーリングの劣化

サイディング壁の貼り合わせ部分やサッシ周りのシーリング材は、年数が経つと硬化し弾力性がなくなるので、建物の伸縮や振動により、ひび割れが発生します。

そこから雨水が侵入すると、柱を腐らせたり、シロアリ被害の原因となります。

古いシーリング材を取り除いて、新しいシーリング材を打つ必要があります。

 

錆の発生

金属サイディングやトタン壁、鉄部に見られます。塗料の保護がなくなると、雨水などの影響で錆が発生します。表面の錆をそのまま放置しておくと、内部まで腐食し穴が開いて、塗装だけでは処置できなくなります。

錆が発生した時点で塗装し直すと、メンテナンス費用が安く済みます。

 

近い将来に対応が必要となるサイン

外壁を触ると手に白い粉が付く(チョーキング)

外壁に触って手に白い粉が付くのは、チョーキングと呼ばれる現象です。防水効果がなくなりかけているサインです。

外壁の塗膜(塗装)が太陽光などの影響で劣化し、塗料の成分が粉状になるため、外壁を触ると手に白い粉が付きます。

 

カビ・苔・藻の付着

日当たりや風通しの悪い場所に多く見られます。湿気や結露が原因です。防水性が劣ってきているサインです。

また、カビが繁殖している場合は、壁の劣化が進んでいます。風呂場のカビを思い出してください。カビは根を張っているので、表面だけこすっても取れませんね。それと同じで、カビは外壁の下地にまで根を張り、雨水が侵入してしまいます。

チョーキングやヘアクラックの前兆となるので、他の壁面の状況も確認してみましょう。

 

外壁塗装の塗り替えを判断する目安

外壁が次のような状態のときは、塗装の塗り替えを考える時期が来ています

  1. 塗膜(塗装)のツヤが無くなってきた、色が褪せてきた
  2. 外壁に触ると白い粉が手に付く
  3. あちこちに小さなひび割れが目立つようになってきた
  4. 苔や藻、カビが付着し、表面が緑色や赤っぽくなったりしてきた
  5. 大きなひび割れが起きている
  6. 塗膜が剥がれて下地が見える

この順番は、外壁塗装の塗り替えが必要なレベルと考えてもよいでしょう。

数字が大きいものほど、塗り替えの緊急性が高くなります

 

このうち「1」~「4」は、今すぐ塗り替えなければいけないというものではありませんが、そろそろ塗り替えを考える時期に来ていることのサインです。

「5」「6」については、急を要する場合があります。大きなひび割れ(クラック)や塗膜の剥がれは、雨水が直に侵入するため、住宅を傷める大きな原因となります。すぐにでも外壁の塗り替えが必要です。

 

塗膜(塗装)の敵は、紫外線と水分

塗膜(塗装)の劣化を進める要因は、基本的に紫外線と水分です。この2つが塗膜の大きな敵です。

太陽の紫外線で塗膜が劣化すると、表面に白い粉が浮き出します。これはチョーキング現象と呼ばれていて、見た目にもツヤが無くなり、塗膜の色が褪せてきます。

しかし、この程度なら塗膜劣化の初期段階ですから、すぐに塗り替えをする時期ではありません。

ただし、膜厚が薄くなっているのは事実ですから、そのままでいつまでも放置することはできません。なぜなら、塗膜の厚みが薄くなっているということは、水分が浸透し中の素材を傷めやすい状態になっているからです。

どのような塗膜でも、必ず水が透過します。耐水性に優れた樹脂塗料でも、時間の経過とともに機能は衰え、水は徐々に内部に浸透していきます。

 

立地条件によっては塗り替え時期を早める必要も

立地条件によっては、塗り替えを早めた方が良い場合もあります。

例えば、海の近くに建っている家は、塩害についても考えておくことが必要です。自動車の交通量が多い所では、排気ガスによる汚れも考慮しなければなりません。

塩害や排気ガスが多い場所に建っている住宅では、外壁塗装の塗り替え時期を早める必要があるでしょう。

 

塗り替えに適した季節

外壁塗装の季節の問題があります。つまり、春夏秋冬どの季節に塗装をすればベターかということですが、これは、常識的な範疇に入ります。

まさか大雪が降りしきる真冬に、住宅の塗装をする人はいないでしょうし、真夏日が続くような猛暑の時期も、塗装には向いていません。梅雨の季節も避けたいものです。

つまり、水気が比較的少なく、暑過ぎず寒過ぎない時期が、住宅の塗装に向いているといえます。

Copyright© 大阪で安心安全な外壁塗装 , 2020 All Rights Reserved.