外壁や屋根の塗装に使う塗料の種類と耐用年数

家の外壁塗装の耐久年数(寿命)は、上塗り塗料(仕上げ塗料)に何を使うかで変わってきます。

仕上げ塗料は、主成分により、アクリル樹脂塗料、ウレタン樹脂塗料、シリコン樹脂塗料、フッ素樹脂塗料の4種類に大別されます。

塗料期待耐久年数
アクリル樹脂塗料5~8年
ウレタン樹脂塗料7~10年
シリコン樹脂塗料10~15年
フッ素樹脂塗料15~20年

 

※ 耐久年数の長い塗料ほど、価格は高くなります。

このように塗料の耐久年数は、塗料に含まれる「樹脂」により異なります。

同じ樹脂の塗料でも耐久年数に幅があるのは、住宅の立地条件も関係しますが、同じ樹脂でもグレードがあるからです。

 

現在、外壁塗装は、シリコン樹脂塗料が主流です。費用対効果が最も良いと考えられるからです。

 

塗装の寿命についての豆知識

耐久年数とは?

耐久年数というのは、期待耐久年数のことで、「これくらいは持つだろう」と考えられる年数のことです。

したがって、「この年数は必ず持つ」とか「その年数以内は塗膜の性能が保証されている」といったものではありませんから、注意してください。

 

外壁塗装の寿命

外壁塗装は、住宅の外壁に保護膜を作り、雨や風による建材の浸食を防ぐ効果があります。

塗膜(塗装)が十分機能している間はその効果を発揮しますが、塗膜が劣化し、チョーキングが起きると、その効果が期待できなくなります。

 

チョーキングとは、塗装面の表層樹脂が、紫外線・熱・水分・風等により劣化し、塗料の色成分の顔料がチョークのような粉状になる現象や状態のことです。

 

チョーキング現象が起きたからといっても、すぐに塗装を塗り替えする必要はありませんが、その状態のまま長く放置すると、住宅の寿命を縮めてしまいます。

そうなる前に、塗り替えが必要です。

 

耐久年数以内なら塗り替えの必要はない?

フッ素樹脂塗料の場合、耐久年数は最大で20年です。

その期間は塗装の塗り替えが必要ないかと言えば、そうとも限りません。

 

耐久年数が「それくらいは持つだろう」といった期待耐久年数ということもありますが、そもそも、今の住宅そのものが、20年間メンテナンスなしで維持することは難しいからです。

また、塗膜の性能を長期間維持できたとしても、汚れが付着しますから、塗装したときの美しさは保てません。

 

外壁塗装の塗り替えを行う主な理由は「塗膜の劣化」が大きな原因ですが、そのほかにも「外壁の汚れが目立ってきたから」ということもあります。

塗膜の機能を維持できている状態で、早めに塗り替えすれば、大きな補修工事も必要なく、塗装費用を安く抑えることもできます。

 

 

アクリル樹脂塗料は価格は安いが耐久年数が短い

アクリル樹脂塗料は、他の塗料に比べて、価格は安いのですが、耐久年数が短いのが欠点です。

アクリル樹脂塗料の耐久年数は、およそ5年程度。長くても8年程度です。

 

そのためアクリル樹脂塗料は、屋根のように耐久性が求められる部分の塗装には向きません。

また、現在では、アクリル樹脂塗料が外壁塗装の塗り替えに使用されることも、ほとんどありません。

 

例外的に、新築時に外壁の塗り替えを見越して、アクリル樹脂塗料が使用される場合があります。

その場合には、早めの塗り替えが必要です。

 

一方で、短期間で塗り替える予定の場合には、価格が安いので使用されることが多い塗料です。

アクリル樹脂塗料は、アクリルの透明度や硬度の高さを生かして開発された塗料です。

独特のツヤ感や滑らかさがあり、発色も良いことから、デザイン性や鮮やかさを強調したい場合には、使いやすい塗料ではあります。

 

ただし、住宅の外壁の塗装には、塗料の料金だけでなく、足場の組み立てや解体、実際に作業をする職人さんたちの人件費が加味されます。

足場代や人件費は、意外と費用がかかるものです。

 

塗り替えのたびに、塗料以外の料金も発生しますから、塗料自体は安価でも、長い目で見ると費用がかさみます。

ですから、よほど外観にこだわりがあって、たびたび外壁を塗り替えたい人ならばともかく、通常、アクリル系の塗料は、おすすめしにくい塗料です。

 

耐久性に優れた塗料が開発される以前に家を建てている場合、外壁塗装にアクリル樹脂塗料を使用しているかもしれません。

外壁の塗り替えをしていないのなら、かなりの傷みが出ていると思います。

そういう場合は、できるだけ早く外壁の塗り替えをすることをおすすめします。

 

また、新築するとき、住宅の内部にお金をかけたいので、外壁の塗装費用はできるだけ安く抑えたいという場合もあるかもしれません。

しかし、たとえその時は安くあがったとしても、わずか数年後に、塗装の出費が発生することを覚えておきましょう。

 

住宅の外壁塗装は、その住宅の「格」をも決める大切なものです。

新築の予算には、将来のメンテナンス費用も考えて、外壁の塗装費用もきちんと計算に組み込んでおくことが大切です。

 

ウレタン樹脂塗料

ウレタン樹脂塗料は、性能と価格の両面でバランスが良く、場所を選ばないので、多方面で使用される塗料です。

ウレタン樹脂塗料の耐久年数は、5~7年とされています。

 

ウレタン樹脂塗料は、柔らかい伸びと外壁材への優れた密着性が特徴です。

そのため、外壁の曲面や細部の塗装にも適しており、利用頻度が高いのです。

 

また、ウレタン樹脂塗料には、耐候性のほか、ウレタン独特の肉厚感と光沢があります。

硬度や耐摩耗性も高く、塗った後で剥がれにくいのも特徴です。

 

こうした外壁塗装に適した数々の特性から、ウレタン樹脂塗料は、木、トタン、アルミ、モルタル、コンクリートなどに幅広く用いられます。

なかでも、木との相性が抜群といわれています。

 

ウレタン樹脂塗料のタイプ

ウレタン樹脂塗料には、2液タイプと1液タイプがあります。

さらに、溶剤系と水溶系に分かれます。

 

2液タイプ

2液タイプは、原液に硬化剤を混ぜるものです。

従来は、この2液タイプが主流でしたが、最近では塗料をそのまま使う1液タイプが多くなっているようです。

 

2液タイプでは、原液に硬化剤を混ぜるとすぐに化学反応を起こして、サラサラの状態から、ねばねばした糸をひく状態に硬化します。

そのため、固くならないうちに塗装しなければならず、塗装する時間が限られます。

 

また、吹き付け用のスプレーガンでは、塗料が詰まってしまうし、ハケやローラーでは、粘りが強すぎて塗れなくなります。

ですから、2液タイプのウレタン塗装でうまく仕上げるのは、一重に職人の腕次第といえます。

 

1液タイプ

一方、1液タイプのウレタン樹脂塗料はそのようなことがなく、しかも、耐候性や耐摩耗性に優れ、塗膜の硬度も比較的高いので、優れた耐久性を得ることができます。

さらに、水性反応硬化型ウレタン樹脂塗料は、外壁用仕上げ材として使用されますが、溶剤系と同様に強くて剥がれにくい塗膜ができます。

 

なお、2液型ポリウレタン樹脂塗料は、その主剤にポリエステルが使用され、補助材にはイソシアネートが使用されているので、コンクリートの外壁材などに適しています。

 

シリコン樹脂塗料

シリコン樹脂塗料は、ウレタン樹脂塗料よりも優れた耐候性があります。人体に優しく、変色・劣化しにくい特徴もあります。

シリコン樹脂塗料は、ひび割れしにくく、高耐久性、耐候性、耐薬品性に優れた塗料で、費用対効果が最も良いことから、現在、外壁塗装で主流の塗料です。

 

シリコン樹脂塗料の耐久年数は、10~15年とされています。

シリコンは、それ自体を単独で塗料としては使えません。アクリル樹脂と反応させ、アクリルシリコン樹脂塗料として使われています。

 

アクリルシリコン樹脂のシリコンは、半導体やガラスに含まれているケイ素です。

シリコンは、化粧品の口紅やアイシャドーから、航空機やスペースシャトルなどにも使われている優れものなのです。

 

安全性が高く、人体にも優しい物質としても知られています。

極めて安定した物質で、紫外線で破壊されることもありません。

 

このシリコンの性質を活かして作られたアクリルシリコン樹脂塗料は、付着力が強く、光沢が長持ちし、色あせしにくいという特徴を持っています。

 

また、耐水性や耐薬品性、耐油性があり、汚れが付着しにくく、汚れを取り易いのも特徴です。

さらに、フッ素樹脂塗料は亜鉛メッキの面には適していないのに対して、アクリルシリコン樹脂塗料は、亜鉛メッキの面にも直接塗装することができます。

 

アクリルシリコン樹脂塗料には水溶系と溶剤系がありますが、外壁材の種類や現在塗装されている塗料の種類により、どちらを使用するか決めます。

溶剤型アクリルシリコン樹脂塗料(強溶剤型、弱溶剤型)は、打ち放しコンクリート生地を仕上げるための上塗りの塗料として使われます。

最近では、耐水性や耐薬品性、耐油性に優れた、弱溶剤タイプが使用されることが多いようです。

 

一方で、水性反応硬化型アクリルシリコン樹脂系塗料は、おもにモルタルやコンクリートの塗装に使われています。

やはり耐薬品性や耐油性が高く、汚れにくいのが特徴です。

 

また、アクリルシリコン系外壁仕上げ材は、ひび割れした外壁に浸透する効果があります。

複層シリコン系仕上げ材は、模様仕上げのトップコートとして使用され、その他には、セラミック変性アクリルシリコン樹脂塗料や水性反応硬化型アクリルシリコン樹脂塗料が、仕上げ塗料として使われています。

 

フッ素樹脂塗料

フッ素樹脂塗料は、ウレタン樹脂塗料やシリコン樹脂塗料よりもさらにグレードが高く、非常に耐久性に優れた塗料です。

比較的長持ちするとされているシリコン樹脂塗料よりもさらに長い、約15~20年間の耐久年数があります。ただし、その分、価格は高めです。

そのため、一般住宅にフッ素樹脂塗料が使用されるケースは、まだ多くありません。

 

フッ素は、ガラスや白金なども侵食するため、単体ではなく化合物として保存されています。

フッ素化合物は、歯磨き粉、フライパン、カーワックスの原料などにも利用されています。

 

外壁や屋根は、直射日光や風雨、寒暖の気温から住宅を守っていますが、塗装が劣化し、塗装剥離しますから、定期的なメンテナンスが必要になります。

もし、劣化した部分を放置しておくと、その部分のサビや腐食が進行してしまいます。

サビ、ひび割れ、変色などが現れ始めた場合には、塗装を塗り替える必要があります。

 

例えば、新築の住宅でウレタン塗装をした場合には、長くても10年後には塗装をし直さなければいけません。

アクリルシリコン樹脂塗料でも、長くても15年後には塗装をし直すことになります。

 

しかし、フッ素樹脂塗料で塗装した住宅であれば、最長20年は、塗装の塗り替えが必要ないのです。

実際の塗膜の寿命は、立地条件などにより、期待耐久年数より短くなることがあります。

 

フッ素樹脂塗料が長持ちする秘密は、その塗膜成分にあります。

フッ素樹脂塗料は、外壁や屋根の表面に塗ると、塗膜の成分が内部に浸透して、内側からツヤを出す作用があります。

 

また、フッ素樹脂塗装は、酸性雨や紫外線にも強い性質があります。燃えにくい性質もあります。

こうした特性から、フッ素樹脂塗料は、特に屋根に適した塗料です。

 

ですから、フッ素樹脂塗料の価格が高いことを考えると、屋根にフッ素樹脂塗料を塗って、外壁にシリコン樹脂塗料を塗るといった方法もあります。

 

フッ素樹脂塗料の種類には、透明なクリアー塗料のほか、カラー調、セラミック調、マット調もありますから、屋根と外壁の色調を好きなように組み合わせることができます。

 

光触媒塗料

光触媒塗料で塗装すると、紫外線が塗装の表面についた汚れを分解して浮かせ、雨水が汚れを洗い流してくれます。

つまり、太陽の光が当たり、雨が降れば、自然に塗装面がキレイになるのです。

特にメンテナンスをしなくても、光触媒塗料を塗るだけで、自然に塗装面の美しさが持続するというわけです。

 

この「セルフクリーニング効果」が、光触媒塗料の大きな特徴です。

さらに光触媒塗料には、このセルフクリーニング効果のほかにも、カビを防ぐ効果や、大気を浄化する効果などもあります。

 

このように光触媒塗料には、一般的な他の塗料にはないい独特の効果があり、新しいタイプの塗料として注目されています。

とりわけ、最近のエコブームから、大気の浄化作用は特に注目されています。

なお、光触媒塗料の耐久年数は、フッ素樹脂塗料と同じ15~20年です。

 

光触媒効果

光触媒塗料の原料は、酸化チタンです。酸化チタンに紫外線が当ると、活性酸素が生成されます。

この活性酸素が、有機化合物を分解して、水と炭酸ガスに変えることを光触媒効果と呼びます。

 

また、光が当ると、酸化チタンの表面が水と馴染むことも分かっています。

こうしたメカニズムを取り入れたのが、光触媒塗料です。

 

光触媒塗料のデメリット

しかし、一方で光触媒塗料には弱点もあります。それは、太陽光が当らないと光触媒が機能しないことです。

そのため、1年中日陰になる部分では、汚れを分解することができません。また、雨水が当らない部分は、汚れを洗い流すことができません。

つまり、常時、日陰になっている部分、雨がかからない部分は、セルフクリーニング効果が発揮されないので、光触媒塗料を塗ってもムダというわけです。

 

さらに、あまりにも多量の汚れには対応しきれませんから、鳥のフンなどを自然に除去することもできませんし、建材の内部から染み出してくる汚れにも対応することができません。

しかし、このようなデメリットがあるとしても、大部分の住宅の外壁や屋根には太陽光は当りますし、雨水も流れますから、それほどネガティブに考える必要はないでしょう。

 

光触媒塗料は、屋根や塀など、太陽光や雨が常に直接当たる部分の塗装に効果が高いといえるでしょう。

光触媒塗料は高価ですから、例えば、フッ素樹脂塗料で住宅の外壁を塗装して、屋根と外の塀を光触媒塗料で塗装するなど、他の塗料との併用を考えると良いかもしれません。

 

断熱・遮熱塗装には断熱材と同等の効果がある

断熱・遮熱塗料は、太陽の熱を室内に伝えにくくする効果のある塗料です。

住宅の塗装には、もともと断熱・遮熱効果があるのですが、断熱・遮熱効果の高い塗料を使うことで、冷暖房費を大幅に節減することができます。

 

そのことがCO2の削減にもつながり、さらに温度変化による建物の伸縮が少なくなり、建物そのものの寿命も伸びます。

非常にエコな塗料なのです。

 

こういった断熱効果・遮熱効果の高い塗料を、断熱塗料あるいは遮熱塗料といいます。

断熱塗料と遮熱塗料は異なります。遮熱塗料は太陽の熱を遮断しますが、保温効果がないものもあるので、冬場の暖房費の節減につながらない場合があります。

ひと昔前では考えられなかったことなのですが、一説によれば、アメリカのNASAが開発したといわれています。

 

もともと、このような断熱・遮熱塗料は、おもに大きな工場の屋根や、冷蔵・冷凍倉庫などをはじめ、大きなビルディングやマンションの屋上、あるいは大型の店舗や競技場、道路に使用されていました。

最近は一般住宅でも、断熱・遮熱塗装が見られるようになりました。

 

地域によっては、個人の住宅の屋根や外壁の遮熱塗装に自治体が補助金を出して、推奨しているところもあります。

ヒートアイランド現象が問題になっている東京など都市部の自治体で見られます。

 

ただし、まだ新しい塗料ですから、扱っている業者が限られ、住宅の塗装に携わる業者には十分な知識や技術が不足しているのも実態のようです。

 

この断熱・遮熱塗料で塗装することで、電気代の節約につながり、快適に暮らせるようになるわけですから、これからはますます普及していく塗料であることは間違いありません。

 

断熱・遮熱塗料の断熱効果は、屋根や外壁に50mm~100mmの厚さの断熱材を取り付けるのと同等の効果があるといわれています。

つまり、塗装するだけで、夏場は室内の温度を5~8℃も低くすることができるのです。

冬の寒い時期には、逆に冷たい外気による室内の温度低下を防止することができます。

 

これから住宅を新築する場合や外壁や屋根のリフォームを考えている人にとって、断熱・遮熱塗料は、見過ごすことができない塗料だといえるでしょう。

 

UVコーティング塗装・UV塗料のメリット

外壁のUV塗装(UVコーティング塗装)は、紫外線を照射して硬化させるUVハードコート塗料を使用する塗装の方法です。

おもに床や浴槽、内壁に用いられてきましたが、近年、外壁塗装でも注目されています。

 

UVコーティング塗装には、優れた性質が多くあります。

秒速で乾燥してしまう超速効性、耐久性・対汚染性に優れ、人にも環境にも優しい塗装方法なのです。

 

UVコーティング塗装の主な特徴(メリット)は次のような点です。

  • 高級感ある仕上がりが期待できます。
  • 透明感と高い光沢度が得られ、鏡面仕上げになります。
  • 塗膜を硬く仕上げることができます。
  • UV(紫外線)を照射すると塗料が数秒で硬化する超高速乾燥性があります。
  • 塗料が硬化した後は無臭です。
  • 優れた耐摩耗性・耐薬品性・耐溶剤性・耐熱性が得られます。

UVコーティング塗装のメリットは、他にもあります。

表面は滑らかになりますが、防滑性があるので、階段やフローリングにUV塗装を施すと滑りにくくなります。塗膜が非常に硬いので、フローリングの傷が付きにくくなります。

 

さらに、エナメル仕上げもできますし、オイルステイン調の着色も可能です。

こうしたことから、もともと床のコーティングとして用いられてきた塗料なのですが、その強度が注目され、外壁にも使われるようになってきました。

 

UV照射ランプ

UV塗装に使用されるUV照射ランプは、メタルハライドランプで、軽量でコンパクトなランプです。

しかし、このUV照射ランプが出す紫外線は、波長200~450(ナノメートル)ですから、人体には注意が必要になります。

 

特にUV塗装の際には、目や皮膚を必ず保護しなければなりませんし、ランプを直視したり反射光を見ることは厳禁です。

したがって、UV塗装の作業には、UVカットの保護メガネや面体などの保護具を使用します。

 

なお、UV照射器は、消費電力は1000ワット程度の家庭の100ボルト電源で使用することができます。

 

外壁のタイプと相性の良い塗料の関係

外壁のタイプ(素材)により、使う塗料が変わってきます。つまり、外壁の種類によって、相性の良い塗料が違います。

 

モルタル外壁

一般的な一戸建て木造モルタルの場合、モルタルの外壁はかなり丈夫なイメージがありますが、モルタルの防水性は高くないので、防水性に優れた塗装が必要になります。

 

モルタル外壁用には、アクリルシリコン塗料が耐久性や防汚性の面で良いでしょう。

窯業系サイディング外壁にもアクリルシリコン樹脂塗料が良いでしょう。

 

サイディング外壁

サイディングという板状のパネル壁材は、窯業系や金属系、さらには合成樹脂系などがあり、施工に手間がかからず工期も短くてコストも割安なので、現在、多くの住宅で使用されていますが、やはり防水の面や外観の面で、塗装を施す必要があります。

 

ALC

ALCの外壁は、軽量気泡コンクリートのパネル外壁ですから、断熱性に優れ、断熱効果をさらに増すためと、防水のための塗装を施すのが良いでしょう。

 

コンクリート

RCの鉄筋コンクリート造りでは、防音性や保温性に優れていますから、アパートやマンションに良く見られる構造ですが、コンクリートの外壁をそのままにしておくと、ベランダなども防水性や耐久性の観点から望ましくありません。やはり防水性や防錆性に優れた塗装が必要になります。

 

コンクリートの外壁には、コンクリートの保護剤と紫外線カット型浸透撥水剤の塗装が向いています。

 

タイル

一戸建ての住宅ではあまり見かけませんが、外壁にタイルやレンガなどを使用した場合には、塗装が不要な場合がありますが、衝撃に弱いというデメリットがあります。

タイル貼りの外壁塗装は、保護塗装の意味で浸透吸水防止剤を塗布することが求められます。この保護塗装はタイルの目地部の劣化を防止する力があります。

 

なお、ここでは、アクリルシリコン樹脂塗料をあげましたが、これは一番安価であるという例ですから、予算的に許されるならば、その他の塗料も検討されるようにお勧めします。

太陽光の当たり具合にもよりますが光触媒塗料なども考えてみるとよい場合もあります。

 

屋根と外壁の色の組み合わせ

住宅の塗装では、建物の外壁と屋根がメインになります。もし、塀があれば当然塗装の対象になります。

建物の外壁と屋根の塗装で注意しなければならないのが、色調のバランスと使用する塗料の種類です。

塀があれば、塀の色のバランスや塗料の種類にも配慮しなければなりません。

 

例えば、平屋で屋根の形状が切り妻のごく一般的な住宅の場合、外壁がクリーム色で屋根がやや濃い茶色が多く見られます。

この組み合わせが、最も無難な色調のバランスとされているようです。

そして、塀もクリーム色で外壁と同色です。

 

そのほかによく見られるのが、外壁が薄い茶色系で屋根がやや濃い茶色ではないでしょうか。

これらの色の配合は、外壁の表面が平らであっても、凹凸があっても、変わりません。

 

ただし、外壁がモルタルと木板の場合などでは、モルタルの部分がクリーム色で、木板の部分が濃い茶色、屋根は黒い瓦葺、というような外壁がツートンカラーの住宅もあります。

 

このように、住宅の外壁と屋根や塀の色の組み合わせは、様々なようですが、パターンがあります。

多く見られるのが、外壁は明るい色調で、屋根はダーク系のようです。

つまり、濃い色が上で明るい色が下という色調の組み合わせです。

 

住宅の塗装には、もちろん、どのような色を使っても構わないのですが、外壁や屋根が3原色の住宅は、探すのが難しいようです。

ただし、緑色の外壁はたまに見かけます。しかし、屋根が白っぽくて外壁がダーク系の色のバランスは見受けられません。

 

したがって、住宅の塗装では、一般論として、屋根の色が重厚なダーク系で、外壁の色が明るいライト系が無難だといえると思います。そして、粋な黒塀は個人の住宅には不向きのようです。

 

また、ありふれた色でなく、独特の個性豊かな色を希望する場合、塗料の色は、配合比率で微妙に変化をつけることができます。

住宅の塗装は、考え出すと際限なく広がります。

 

したがって、実際の塗装の前に、屋根材や外壁材に合う種類の塗料を専門家に尋ね、カラーサンプルだけ見て決めるのでなく、パソコン画面上で十分シミュレーションも行い、「これだ!」という外壁、屋根、そして塀の色を決めるようにしましょう。

 

使用する塗料の種類も多種多様ですから、当然、予算との相談になります。

Copyright© 大阪で安心安全な外壁塗装 , 2020 All Rights Reserved.