外壁塗装リフォーム

自宅が築10年を過ぎれば、そろそろ外壁や屋根の塗装リフォームを考えるころです。

  • 家の外壁にクラック(ひび割れ)が入っていませんか?
  • 塗装にツヤは、まだあるでしょうか?
  • ベランダやバルコニーの手すり柵に、錆が浮いたりしていなでしょうか?

一戸建ての住宅は、点検しなければいけない外回りの個所が、たくさんあるものです。

もし、クラックを見つけたなら、塗り替えの時期なのです。

 

錆が出ていたら、早めに対処する方が良いでしょう。

内部まで腐食してしまうと、何かと手間や費用がかかってしまいます。

 

そして、そのような状態なら、見た目にも塗装のツヤもなくなっているでしょうし、おそらく目に見えないところも痛んできていることは、容易に推察できます。

 

築10年ならば、家としてはまだ新しいほうだと思われるかもしれませんが、新築時に使用した塗料によっては、塗装は寿命を迎えています。

 

ウレタン樹脂塗料やアクリルシリコン樹脂塗料などで塗装をした場合は、10年がおおよその目安になります。

シリコン樹脂塗料で塗装していたなら、もう少し寿命は長くなりますが、数年先には塗装を考える時期が、間違いなくやってきます。

 

家は、常に太陽の光や雨風にさらされていますから、10年も経過すれば、外壁や屋根の塗料の耐久性は、確実に低下しています。

 

不具合が見つかったのに、そのまま放置してしまうと、塗装だけではなく内部の痛みも激しくなります。

家の塗装は、どちらかといえば、早め早めに手を打つことが、家を長持ちさせるのに大切なことなのです。

 

塗装を塗り替えするのであれば、今と同じような配色ではなく、思い切って外壁や屋根や塀の色合いを変えてみるのも、新鮮味があって楽しいでしょう。

 

また、塗装の塗り替えを機会に、塗料を見直してみるのも良いかもしれません。

例えば、断熱性や遮熱性の塗料で外壁と屋根を塗装することで、今後の光熱費を大幅に節減することもできます。

 

お住いの地域によっては、自治体の補助金制度もありますから、検討してみてはいかがでしょうか?

 

新築から10年なら、住宅ローンも支払っている最中でしょう。

まだ先が長いのに、せっかくの家にツヤがなくなり、壁にひび割れが入るようでは、家が可哀相です。マイホームは大きな財産です。

塗装にも気を配って、財産価値を低めることにならないように注意しましょう。

 

ちなみに、10年前と今では、家の塗装に使用する塗料も、格段に進歩しています。

塗装の塗り替えには、できるだけ耐久性に優れた塗料を選ぶと、今後のメンテナンスの手間や費用が軽減できます。

 

2階建て住宅の塗装

一戸建ての家でも2階建てとなると、一般に外壁の面積が増えますから、塗装をする面積も増えることになります。

 

ただし、2階建てだからといって、単純に塗装面積が平屋の2倍になることはありません。

通常、床面積は2階の方が少なく、天井高も1階に比べて低いので、塗装面積は少なくなります。

 

一般的に2階建て住宅の場合、ベランダのある家が多く、そういった形状の家の塗装は、1階部分と2階部分の一体感を保つための工夫が必要になります。

 

つまり、1階から2階までが平面となっている外壁と、ベランダ部分、あるいは1階の屋根で区切られた部分の外壁では、見た目の印象が変わってきます。

 

このような場合、平面な縦長の外壁を一色で塗装すると、家全体がのっぺりと見える場合があります。

そこで外壁の塗装もさることながら、外壁材を1階部分と2階部分で分けるといった方法も採られます。

例えば、一方をモルタル壁に、もう一方をサイディング壁にするといった具合です。

 

また、2階建て住宅の場合には、雨樋の長さが平屋の2倍近くになることも、塗装の際には頭に入れておきましょう。

2階のベランダ部分がせり出したタイプの家は、鉄やアルミニウムなどの支柱が取り付けられ場合があります。

塗装の際には、この支柱が屋根やベランダと違和感がないような色で塗るといった細かい配慮も必要になります。

 

塗装の時期

塗装の時期は、平屋も2階建ても変わりません。

2階建て住宅の方が平屋の家よりも、外装が早く痛むといったことはありません。基本的に同じです。

ですから、およそ10年を経過するころが、塗装を塗り替えるタイミングだと言えるでしょう。

ただし、10年を過ぎていても、まだ塗装(塗膜)にツヤがあり、どこにもクラック(ひび割れ)が見当たらない場合でしたら、もう少し様子をみても良いでしょう。

とはいえ、ベランダを支える支柱部分に錆が見られる状態なら、塗装の塗り替え時期だと考えられます。

2階建て住宅の場合、平屋よりも点検が必要な箇所が多くなりますから、見落としがないようにしましょう。

 

塀やガレージの塗装も大切

一戸建て住宅の場合、通常、塀があります。ガレージを設置している場合もあるでしょう。

塀の造りも様々で、コンクリート製、レンガ造り、鉄柵、植樹などがあります。その中で一番多く見られるのが、コンクリート製でしょう。

塀は、例えば、玄関を真中にして、その左右に伸びて設けられています。塀と家との間に庭がある場合が多く、そのスペースに潅木が植えられたりします。

柵の場合でも、その土台がコンクリートやコンクリートブロックだったりします。

このように、道路や路地と家の間に塀を設置することで、外から家の中を直接覗けないようにする役目、つまりプライバシーを守る役目や、防犯の役目があります。こうした塀も、一戸建ての家の一部です。

また、自動車を所有している場合は、ガレージも設置されます。通常、ガレージの扉は鉄製のシャッターですが、このシャッターも、やはり家の一部です。

このように見てくると、一戸建ての住宅の場合、塗装の対象は家の外壁、屋根、塀やガレージのシャッターということになります。

よく見かけるのですが、一戸建ての家そのものはきれいに塗装されているのに、コンクリートの塀がかなり汚れている場合があります。せっかくの立派なきれいな家が、汚れた塀のために損をしています。

ガレージのシャッターも、その左右の塀の色と場違いで違和感があることもあります。

新築から10年、それ以上経過している場合は、家の塗装と並行して、塀やガレージのシャッターにも塗装を施すことがよいと思います。

また、塀は、外を通る自動車の排気ガスなどで汚れ易いので、むしろ早めに塀だけを塗装し直すほうが、家全体を引き立てる場合もあります。

ところが実際は、家の外壁や屋根は塗装し直しても、塀はそのままという逆の現象もあるようです。

塀はプライバシーを守り、防犯の役目があればそれでよい、という考えがあるのかもしれませんが、やはり一戸建ての家の塗装では、家の外壁、屋根、そして塀やガレージのシャッターも同時に、塗装を塗り替える方が良いと思います。

 

 

ベランダやバルコニー、テラスの塗装

一戸建ての家だけではなく、アパートやマンションにもベランダやバルコニー、テラスがあるのが一般的です。

やや昔風の家なら、その代わりに縁側や廊下があります。

ところで、このベランダ、バルコニー、テラスの違いはご存知でしょうか?

ベランダは、床面と屋根がある構造を指します。この場合、手すりや壁はありません。そして、ベランダと同じように床面と屋根があり、さらに2階とか3階などにあって、手すりや壁がある構造がバルコニーです。

しかし、最近では、ベランダとバルコニーを厳密に使い分ける人は減ってきているようで、語感の良い方を使うようです。

そして、テラスは、床が平らで家の外へリビングやダイニングと同じ高さで張り出している構造ですから、いわば部屋の延長ですが、屋根は通常の場合ありません。

昔の縁側は、その意味ではテラスのようなものだったのです。

テラスの場合は、一階にありますから、土台があって、その上にコンクリートで造られている場合がほとんどですから、あまり塗装の対象にはならないかも知れません。

しかし、ベランダやバルコニーになると、床と屋根がありますし、さらに手すりの柵も壁もありますから、塗装の対象になります。

そして、このような付属構造物は、一戸建ての家の立派なアクセントになります。つまり目立った色調でも構いませんし、ある意味では、その家全体の印象を左右しかねない大切な役目を持っているのです。

極論ですが、ベランダやバルコニーの塗装色が、その家の住人のセンスを計られてしまいかねません。

外壁の色調は良い印象で、屋根もマッチングしているのに、2階のベランダやバルコニーの壁や手すり柵の色がくすんでいたのでは、家全体の印象が台無しになりかねません。

そうかといって、あたかも家にくっついているような色調も、褒められたものではないでしょう。

むしろ、家を訪ねた時、近所の人から「この先の白いベランダがあるのが○○さんのお宅です」とでも言われるような、ベランダの色にしたいものです。なお、白い色が良いとは限りません。その家の雰囲気に合った、センスの良い色が大切だということです。

 

DIYでは家の塗装は無理?

DIYで日曜大工的に何でもやってしまう方もいます。最近は女性でも増えていますよね。

家の塗装は、DIYでやれるのでしょうか?

これは、場所や程度によります。手が届く範囲の小さなひび割れの修復程度なら可能でしょう。ただし、仕上がりにこだわらなければ、という条件が付きます。

簡単な修復程度ならDIYでも可能でしょうが、プロがやるように仕上げることは、やはり難しいと考えた方がよいでしょう。

例えば、門や塀の塗装で考えてみましょう。これなら、そんなに高いところの塗装もありませんし、比較的簡単にできそうです。

ところが、これが意外と難しいのです。

塗装の塗り替え前には、下処理が必要です。下処理がきちんとできていないと、すぐに塗膜が剥がれてしまいます。

下処理には、まず高圧水流で汚れを洗い流す作業があります。門や塀は、もっとも汚れやすく、傷みやすいところです。

次に、下地処理です。傷みがあれば補修します。そして、下塗り、中塗り、上塗りと進みます。

作業工程そのものは、複雑なものではありません。しかし、傷みの程度によって、補修の仕方や使用する材料も異なります。

さらに、下塗り用の塗料に何を使うかは、下地材や、中塗り・上塗りに使用する塗料によって選ばなければいけません。

そして、仕上げ用の塗料にも多くの種類があります。どんなハケを使えばいいのか、そもそもハケで塗るのかローラーで塗るのかなど、専門的な知識も必要です。

それに塗る作業自体も簡単そうに見えるかもしれませんが、実際にやってみると簡単ではありません。仮に、全部塗ることができたとしても、素人が塗ると、どうしても色ムラができてしまうものです。

家の塗装となると、もっと大変です。壁のクラック(ひび割れ)があれば、それをどう処置するかも専門的な知識が必要です。たんに、ひび割れ部分を埋めれば良いわけではありません。

場合によっては、内部の構造部分を補修しなければいけないケースもあり、そういう場合には塗装業者も、大工さんなどに依頼して修理してもらいます。そういう致命的な外壁の傷みを、素人では見落とすこともあります。

こういったことを考えると、DIYでやるのでなく、やはり専門の塗装業者に任せる方が無難です。

Copyright© 大阪で安心安全な外壁塗装 , 2020 All Rights Reserved.