外壁や屋根の「塗り替えリフォーム」で後悔しないためのポイントを分かりやすく解説します。

さあ、今日からあなたも「外壁塗装名人」です!

外壁ガール
よろしく哀愁♪

 

家の外壁の塗り替え工事を検討するとき、事前に知っておきたいチェックポイントをご紹介します。

 

外壁塗装の一括見積を無料で行えるおすすめのサービスをまとめました

すぐに見積もりを取りたい!という方はこちらのページをご覧ください。

⇒ 外壁塗装・屋根塗装 の一括見積もりオススメサービス

 

 

外壁塗装の事前に知っておきたいチェックポイント

 

塗料選び

塗料の特性
塗料は、用途に合わせて選ぶことが大切です。塗料には次のような性質があります。

防藻性・防カビ性植木や花壇からくる藻やカビの発生を防ぐ。
透湿性外側からの水を弾き、内側からの湿気や空気を通す。
弾性ゴムのような弾力性で、ひび割れを防止する。
低汚染性セラミックや光触媒を配合して、汚れを付着しにくくする。
断熱性外部の直射日光や熱を遮断し、室内の温度を快適にする

 

仕上げ塗料の耐久性

塗料の素材別に耐久性の高さは次の順です。なお、耐久性に優れた素材ほど、価格は高くなります。

フッ素素材
シリコン素材
ウレタン素材
アクリル素材

それぞれの素材の耐久年数の目安はこちらをご覧ください。

⇒ 外壁や屋根の塗装に使う塗料の種類と耐用年数

 

下地素材

下地材は、木や鉄、モルタルなど素材によって異なります。

さび止めや下地のシーラー(塗料と下地の接着剤)も、下地の状態や仕上げとの相性があり、考慮が必要です。

 

業者選び

外壁の塗装工程は、「下塗り」「中塗り」「上塗り」の3回塗りが基本です。

3回塗りが完了してしまうと、汚れやカビを除去したか確認できなくなってしまいます。

 

手抜き工事を防ぐには

壁塗りの場合は、「下塗り」や「中塗り」の工事を行った箇所の様子が把握できる写真

鉄部の場合には、さび止めを塗る前と塗った後の写真を出してもらいましょう。

 

この写真を快く提出することを承諾する業者は「信頼できる業者」、提出を渋る業者は「信頼できない業者」といえます。

 

塗装の資格には建築塗装作業(1級、2級)があります。

資格から塗装業者を絞り込むと、トラブルを減らすことができます。

 

見積書の確認

よくあるトラブルの原因の1つに、契約時の口約束があります。

「言った」「言わない」のトラブルにならないように、見積書が重要です。

悪徳業者
そんなことは言っていません

 

業者の見積書が、「外壁塗装工事一式○○円」「屋根塗装工事一式○○円」などといった中身の分からない見積もりになっている場合は要注意です。

 

これは中身の分からない商品を購入するのと同じです。

後々、トラブルとなる可能性が高くなります。

 

塗装の場合、下地工事の方法で仕上がりの良し悪しや耐久性が左右されるので、工事の範囲や内容(下地や塗り回数、材料名)の明記された工事明細見積書が不可欠です。

その他、追加工事が発生する可能性など、考えられる工事が全て含まれていなければなりません。

 

相見積もりをとる場合も、金額だけ比較しても意味がありません。

工事箇所や内容、使われる塗料や工事の丁寧さなどによって、金額は大きく変わってくるからです。

 

納得いくまで説明を求めましょう。

優良業者であれば、丁寧に教えてくます

十分に説明せず、契約を急がせるような業者は避けましょう

(ただし、クレーマーレベルになるような要望はやめましょう)

 

工事保証とアフターサービス

工事が完了した後に不具合が生じることもなくはありません。

「アフターフォローは万全」と言っていても、大切なのはアフターサービスの内容です。

工事保証の内容は保証書でチェックしておきましょう。

 

例えば、

  • 保証の適用範囲は?
  • 補修工事でも全て対応してくれるのか?
  • 業者が倒産した場合でも保証はあるのか?

こういったことが保証書に書き込まれているか、保証書の内容をしっかりとチェックしておきましょう。

 

外壁塗装と同時期にリノベーションがオススメ

外壁塗装をすると、業者さんの出入りなどが増えますよね。

そんな機会に、リノベーションをしてみてはいかがでしょうか。

 

以前はリフォームというものが流行りましたが、今は断然「リノベーション」がおすすめです。

 

リノベーションはデザイナーズ住宅のような住み心地にできる

リフォームとリノベーションの大きな違いは

  • ただキレイにするだけか(リフォーム)
  • 自分好みの住環境をつくるか(リノベーション)

です。

 

ホテルのような空間や木に囲まれたような落ち着いた空間。

その他にもカフェのような空間など

外壁ガール
えっ、そんないい家に住めるの!?

と思えるような空間にできてしまいます。

 

今の時代はリフォームを選択すると損をする

リフォームの方が、若干費用が安くなるかもしれません。

しかし、同じ費用を出すのであれば、少し高くなってもリノベーションがおすすめです。

 

リノベーションをすることで、物件に「価値」がつきます。

そのため、将来的に人に貸したり、売ったりするときに、お客さんがつきやすくなります。

 

リフォームの場合はキレイにするだけなので、他との差別化もできずに、いざという時に困る方が多いです。

 

リノベーションはオーダーメイド型がおすすめ!

リノベーションはオーダーメイド型がおすすめです。

  • キッチン
  • お風呂
  • 壁紙

など、自分好みの色やデザインで組むことができます。

 

中には、クセのあるデザインをウリにされているリノベーション屋さんがあります。

業者さんのクセが自分の好みに合わない場合はキッパリとやめておきましょう。

 

オーダーメイド型なら、自分の理想の空間をで住むことができます。

自分が心地よく思える空間に住めると、毎日が今まで以上に充実します

そして、なんとも言えない幸福感に包まれまる。

これがリノベーション デザインです。

 

大阪のリノベーションはフリーファクトリーで決まり

大阪にお住いの方は、フリーファクトリーさんがおすすめです。

親切丁寧に、「オーダー型」のリノベーションを行ってくれます

 

デザインから施工、受け渡しまで一つの窓口でやってもらえるので安心です。

自分にはセンスがないと思っていたとしても、プロのリノベーション デザイナーが提案をしてくれます

なので

自分の好みを伝えるだけでOKです。

 

窓口が一つなので、費用も高くありません

注文可能な件数に限りがあるようなので、気になる方は早めにお問合せされることをおすすめします。

大阪でオーダーメイド型のリノベーションをするならフリーファクトリー

 

リノベーションまとめ

最近はリノベーション済みという物件が増えてきていますが、リフォームに毛が生えた程度です。

本当に理想の家で過ごしたい!と思われる方は、オーダーメイド型のリノベーションをお勧めします。

Copyright© 大阪で安心安全な外壁塗装 , 2020 All Rights Reserved.